So-net無料ブログ作成
検索選択

ホラー苦手な方はご注意を「禁断のパンダ」 拓未司 [ミステリーを楽しみたいときに]

禁断のパンダ.jpg
「禁断のパンダ」 拓未司 宝島社 2008年

第6回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。
著者は1973年生まれ、調理師学校を卒業後、飲食業に従事、
現在はアルバイトとのことである。(奥付より)


本作は、小さいけれど、人気のビストロをきりもりする若きシェフと身重の妻が
ある結婚式をきっかけにおどろしい事件に巻き込まれていくサスペンス。

・・・とはいいながら、多くの選者が評しているように、その大半は
主人公のシェフと、神戸一といわれるレストランで出される料理の味の
すばらしさ、そしてワインとの取り合わせ・・・など、グルメ表現の
豊かさで展開していく。

そんな中、主人公の妻の昔の友人が結婚式をあげることになり、
少々訳有のその式に夫婦で出席したときから、二人は知らず知らずに
身の毛もよだつような罪を犯すものたちに目をつけられていくのだ。

読後感としては、あまりいいものではない。
途中、グルメ的な展開部分は確かに楽しめるものだが、
想像していた以上にホラーな部分があり、最後はホラーに弱い私としては
うーん、と皆さんに薦めることをためらう部分もある。

しかし、タイトルにかかわる部分に関しては、著者の目のつけどころに
今後の期待感はあり、この部分をもっと深く掘り下げるべきだし、
あまり猟奇的な、あるいはオカルト的なものを追求するにはまだ
ひねりが足りない気もする。

次作、どうでるか、というところを見守りたいところである。

ちなみに、妊婦の方、ホラーや過激な表現をお望みでない方は
避けたほうが無難である。

<Amazon.co.jp へのリンク>
※読みたいけれど図書館で借りたり本屋で探す時間の無い方はご利用ください。

禁断のパンダ

禁断のパンダ

  • 作者: 拓未 司
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/01/11
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

クレマチス

乙一を途中で断念した私。
やはりやめておいた方がいいですよね。
by クレマチス (2008-07-20 20:38) 

ニライカナイ店主

クレマチスさんへ>
ご来店&コメントありがとうございます。
いや・・最後にまあガン!と来るだけです。
予想もつきます。ここまで書くともうわかっちゃいますね(笑)。
by ニライカナイ店主 (2008-07-21 20:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。