So-net無料ブログ作成
検索選択

ナルニアの最後に立ち会う!「ナルニア国物語 さいごの戦い」 [ナルニア国物語]


ナルニア国物語 さいごの戦い」7
C.S.ルイス作 瀬田貞二訳 2005年版(カラー版)

とうとう、ナルニアの旅も最後を迎えた。
前作「魔術師のおい」においても、ナルニアの成り立ちが私達に知らされ、
さらにナルニアの本質に触れられそうなところまできていた。
この「さいごの戦い」では、まさに「ナルニアとは何なのか」という核に迫っている。

物語は、いつものようにナルニアのある時代から始まる。
その時代の王がさっそく現れるのだが、どうも様子が変だ。

アスランの力、威力がナルニア国において弱まっているように感じられる。
それどころか、「にせアスラン」をまつりたて、悪用とする生き物まで登場する。
物語がどう展開していくか・・・それは、読んでのお楽しみであるが、この最終巻において、
まさにC.S.ルイスが書こうとしていた世界観があらわになっていることは確かだ。
それはある意味でキリスト教的な考え方であり、哲学観でもある。

人が(ナルニアにおいてはもちろん、ものを話す生き物全体が)いかに道を選ぶのか、
何を指針としていきるのか、こども向けの物語ではあるにしろ、
それは大人にもまた通ずるところがある。
(この作品は小学校5年生以上を対照の目安にしているが、私も確かにその範疇に入る)

失敗をしてもそこから学び、賢くなること、必要なときには慎重な中でも勇気をふりしぼること、
そして重要なことを選ぶときに、決して過らないこと。

それらのことは、子供たちに向けたメッセージであるとともに、その子供たちとともに生きる
この世の中を構成し、動かしている一人ひとりの大人たちにも向けられていることを
忘れてはならない、と感じる。

最終巻では、おどろきの連続である。まさにジェットコースターに乗っているように、
登場人物たちとともにものすごいスピードで物語を駆け抜けていく。

そして、最後に待っているのは・・・・。

ぜひ、その驚きを全7巻という長い旅の果てに到達した地で、自ら見つけ出していただきたい。
そこには、その長い旅を終えたものだけが手に入れられる、
きらきらとひかる「宝物」が見つかることであろう。

そして、その宝は二度とその者の手から消えることは無いのだ。

※ナルニア国物語でカテゴリーをつくりました。どうぞご覧ください。

<Amazon.co.jp へのリンク>
※読みたいけれど図書館で借りたり本屋で探す時間の無い方はご利用ください。

さいごの戦い

さいごの戦い

  • 作者: C.S. ルイス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


さいごの戦い

さいごの戦い

  • 作者: C.S.ルイス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/11/11
  • メディア: 単行本


nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 8

ねこばす

本が先か、映画が先か・・・なんて考えていたら
とうとう映画を見ないまま・・・終わってしまいました(泣)
本もまだ読んでないんですよ~。
DVD出るまでに読まなきゃ!
ファンタジー好きにはたまらない?です?
by ねこばす (2006-04-19 23:01) 

ラパン

こんばんは。
とうとうナルニアへの旅が終了しましたね。お疲れ様でした。
この最終巻が終わりに近づくにしたがって、一抹の寂しさを感じました。
今は、ひとつの長いたびが終わったような達成感を感じています。
次はゲド戦記を読みたいと思っています。
by ラパン (2006-04-19 23:47) 

武田のおじさん

お久しぶりです。そしてお帰りなさい♪
ナルニア物語最終巻面白そうですね。
それだけでも読み応えありそう。ってダメ?
だけど最近仕事がきつくてダウン気味です。
気長にお付き合い下さい。(^-^)
by 武田のおじさん (2006-04-20 19:57) 

ニライカナイ店主

ねこばすさんへ>
ナイス&ご来店ありがとうございます。
映画はすぐDVDで出ますしね。ナルニアは基本的に児童向けなので、
そんなに苦しまずによむこともできますし、焦らずに読書、映画、たのしんで
くださいね。読んだらぜひ、感想を聞かせてください。
by ニライカナイ店主 (2006-04-21 21:39) 

ニライカナイ店主

ラパンさんへ>
ナイスとご来店、ありがとうございます。
お互い、ちょっと時間軸をずらしながら、同じ旅をした・・・というか、
旅をした人々を垣間見てきた感がありますね。
これに脱力する気持ちもなんとなくわかりますが、指輪物語よりは
私個人はすっきり、という感じです。
ゲドはさらに心の内部に入り込んでくるので、覚悟しつつも楽しんでください。
きっと色々なことを考える良い機会になると思います。
by ニライカナイ店主 (2006-04-21 21:42) 

ニライカナイ店主

武田さんへ>
こんにちは!ナイスありがとうございます。
お仕事ご多忙とのこと、お互いマイペースでいきましょう。
これはですね・・・最後だけ読んでも残念ながら意味をもたないかもしれません。ぜひ、時間のあるときに、お子さんと一緒に読んでみてはいかがでしょうか。
by ニライカナイ店主 (2006-04-21 21:44) 

トム

ナルニア最終巻面白そうですね、でもその面白さを充分に味わうためには全て読破しなければと思うと中々手がでません。
ニライカナイさんのナルニア国の旅は終わったんですね、次は何処に向かうんでしょう?
指輪は読みましたっけ?
by トム (2006-04-22 06:08) 

ニライカナイ店主

ホシさんへ>
ナイス&ご来店ありがとうございます。
はい、指輪も映画の前に読了です。そうなると今度は・・・とファンタジー分野
では悩んでいるのも確かです。ナルニアはゲドほど重くないので、中だるみ
するかもしれませんが、行けると思いますよ。ぜひ、トライを。
ちなみに今は吸血鬼の闇にまぎれています・・・。
by ニライカナイ店主 (2006-04-22 16:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。